皇帝ペンギン「絶滅危機」に警鐘を鳴らす:映画『皇帝ペンギンただいま』監督インタビュー

執筆者:フォーサイト編集部 2018年8月24日
エリア: ヨーロッパ 日本
こうして海から獲ってきたエサをヒナにあげる
(C)BONNE PIOCHE CINEMA – PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : © Daisy Gilardini
 

 南極大陸に冬が訪れる5~6月、氷山に囲まれた内陸部のコロニーで、彼らの子育ては始まる。太古から繰り返されてきたその営みは、あまりに過酷だ。

 コウテイペンギンはメスが産卵するとオスに卵を預け、エサを獲りに海へ向かう。その距離、実に100キロ。たっぷり栄養を蓄えて戻ってくるまで、2カ月の長旅だ。オスはその間、脚の上に卵を載せ、お腹のだぶついた皮をかぶせて温める。食べるものは気休めの雪しかなく、マイナス60度の極寒が体温を奪っていく。それでも空腹と寒さに耐えながら、ひたすら卵を温めるのだ。やがてヒナがかえり、しばらくしてメスが戻ると、今度はオスが海へ。交互にコロニーと海を往復しながら、12~1月にヒナが巣立つまで育て上げる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top