デュシャンの「便器」を利休の「花入」が迎え討つ「美の競演」

執筆者:フォーサイト編集部 2018年11月15日
エリア: ヨーロッパ 日本
いざ「思索の旅」へ

 仏像や浮世絵でお馴染みの東京国立博物館にあって何やら異彩を放っているオレンジ色のポスター。「共通点は?」という見出しの下に「竹」と「便器」が並んでいる。はて、何のことやら。

 そう思った瞬間から、いつもと違う「鑑賞」のはじまりだ。一般に「スゴイ」とされるものを見て感嘆するだけでは、能がない。「本当にスゴイの?」「どこが似てるの?」「そもそもコレって何ですか?」と、あれこれ考えを巡らす。視覚的体験を超えた思索の旅。

 それが同館で開催されている特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」(12月9日まで)の醍醐味である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top