ゴーン外伝:名門「ミシュラン」で学ばなかった「大切なこと」

執筆者:国末憲人 2018年11月26日
エリア: ヨーロッパ 日本
日産の再建に乗り込んできた当時。コストは大胆にカットしたが、慎ましさはなかった(C)AFP=時事

 

 金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で東京地検特捜部に逮捕され、11月22日の臨時取締役会で解任された日産自動車前会長のカルロス・ゴーンは、周知の通りルノー会長、三菱自動車会長を兼ね、この業界に君臨してきた。しかし、彼が企業人としてのキャリアを築いたのは自動車業界ではなく、三つ星ガイドで知られるフランスのタイヤメーカー「ミシュラン」である。

 ゴーンは、このフランスきっての優良企業で出世頭となりながら、42歳の時に転身した。彼のその後の栄光と今回の転落につながる決断である。なぜ彼はその道を歩んだのか。そのままミシュランに残っていたらどうなっていたか。拙著『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(新潮選書、2011年)の取材資料をもとに、彼の特性の一端を探ってみたい。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員を経て、現在はGLOBE編集長、青山学院大学仏文科非常勤講師。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
クローズアップ
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top