「2046年」に消える「最後の香港」

映画『宵闇真珠』監督インタビュー

執筆者:フォーサイト編集部 2018年12月13日
エリア: 中国・台湾
漁村、少女、異邦人が幻想的に絡み合う (C)Pica Pica Media

 

 真夜中の海岸で、ゆるやかに歌いながら踊る少女。それを見つめる旅人の男――水上家屋が並ぶ香港の“最後の”漁村を舞台に、2人の出会いと別れ、そして少女の成長を描き出した映画『宵闇真珠』(原題『白色女孩』・英題『THE WHITE GIRL』、キノフィルムズ配給)が、12月15日から、シアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

 名カメラマンとして知られるクリストファー・ドイル撮影監督と共同で本作品を演出したのが、この作品が長編映画監督デビュー作となる、香港出身のジェニー・シュン監督だ。監督に、この作品に込めた思いについて聞いた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top