EUの辺境「ブルガリア」から(上) やせ細る国家

ブルガリアの象徴、世界遺産の「リラの僧院」(筆者撮影、以下同)

 

 欧州連合(EU)といえば、ドイツのメルケル政権とフランスのマクロン政権との間の連携、英国の離脱騒動、ブリュッセル(ベルギー)を舞台にした政策の駆け引きなど、主要国と欧州委員会の動向ばかりが普段注目を集める。一方で、加盟国でありながら日本のニュースにほとんど登場しない国も少なくない。

 ブルガリアは、後者の典型だろう。島国のキプロスをのぞくとEUの東の端にあたり、欧州内でも話題にのぼることは少ない。加盟28カ国で最も貧しく、繁栄と発展から取り残された感が拭えない。EUの加盟国間の格差を象徴する存在でもある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員、GLOBE編集長を経て、現在は朝日新聞ヨーロッパ総局長。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top