「サッチャー」を通して見る「英国」「リーダー」

『マーガレット・サッチャー 政治を変えた「鉄の女」』著者インタビュー

執筆者:フォーサイト編集部 2019年2月26日
タグ: ブレグジット
1984年、フランスを訪問したサッチャー首相(左、右はミッテラン大統領=いずれも当時=)(C)AFP=時事
 
 

「鉄の女」と称されたマーガレット・サッチャー元英首相が2013年に87歳で亡くなってから、まもなく丸6年が経とうとしている。サッチャリズムと呼ばれた経済政策、フォークランド紛争での戦争指導など、強いリーダーシップで英国を引っ張り、「斜陽の帝国」を再建したことで知られる一方、欧州統合には徹底して反対を貫いた。

 英国は結局欧州連合(EU)に参加したものの、2016年に行った国民投票でEU離脱を決定。もっとも離脱を巡る国論はなかなかまとまらず、混乱した状況が今も続いている。そんな中、サッチャーの慧眼や指導力を懐かしむ声も多い。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top