国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史(110)

「令和」出典『万葉集』に秘められた「悲しい情景」

執筆者:関裕二 2019年4月9日
カテゴリ: 国際 文化・歴史 政治
エリア: 日本
この機会に『万葉集』の意味を正しく考えてみては(C)時事

 

 平成31(2019)年4月1日、新元号を菅義偉官房長官が発表した。安倍晋三首相は記者会見で、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」ことを託したと語っている。

 画期的だったのは、漢籍ではなく日本最古の歌集『万葉集』から2文字を選んだことだ。

「令和」は、『万葉集』巻5に残されている。「梅花(ばいくわ)の歌三十二首」の歌そのものではなく、序文に天平2(730)年正月13日に帥老(そちのおきな=大伴旅人=おおとものたびと=)の宅に集まって宴会をくり広げたこと、時に初春の「令月(よい月)で、気は良く風は穏やかだ(風和=やはら=ぐ)、とある。この中の「令」と「和」を組み合わせている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など著書多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
comment:6
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top