ペルーの代名詞「ピスコ」で味わう「日本人移住120周年」

執筆者:フォーサイト編集部 2019年4月26日
エリア: 中南米 日本
欧米では”定番”になりつつあるピスコサワー(日本ピスコ協会提供)

 

 日系人の多い国といえばブラジルだが、日本人が南米で最初に移住したのは、意外にもお隣のペルーである。

 1899(明治32)年2月28日、790名の日本人が日本郵船の「佐倉丸」に乗って横浜を出帆。太平洋を8600海里横断し、4月3日にリマ郊外のカジャオ港に到着した。

 ちょうど120周年に当たる今年は、日本とペルーが両国の交流年と位置づけていることもあり、官民レベルでさまざまなイベントや企画が行われている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top