「米中貿易戦争」間隙で「インド」席巻「中国企業」のしたたか

執筆者:緒方麻也 2019年9月30日
エリア: アジア
大人気のSUV「ヘクター」(MGモーターHPより)

 

 アジアの2大国と並び称されながら、国境紛争やチベット問題、パキスタン支援などで微妙な関係が続いてきたインドと中国。だが、近年中国企業のインド進出や新規投資が急増している。輸出入よりも互いの信頼が不可欠な直接投資の拡大は、将来の関係緊密化につながる可能性もある。

 日本などアジア諸国はもちろん、欧米諸国にとってもこうした動きは要注目だ。

1.5億台のスマホ市場を開拓

 IT専門の調査会社「IDC」によると、インド国内の2019年4-6月のスマホ出荷台数は約3690万台。年間1億5000万台に迫る急成長市場だ。このインド市場を席巻しているのが中国ブランドのスマートフォン。「小米科技(シャオミ)」が引き続き韓国「サムスン電子」を抑えて、28.3%で市場シェア首位をキープしている。「Vivo」と「Oppo」がそれぞれ15.1%、9.7%でこれに続く。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top