ウクライナ疑惑「全否定」から「開き直り」まで「トランプ変節の3週間」

『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』【番外編】

執筆者:フォーサイト編集部 2019年10月11日
エリア: 北米 ヨーロッパ
今日も怒りのツイートを連発中

 

 ドナルド・トランプ政権はウクライナ政府に圧力をかけて2020年大統領選に介入させようとしている――。

 CIA職員によるものとされる内部告発に端を発した「ウクライナ疑惑」は、『ワシントンポスト』のスクープによって明るみに出て以降、「トランプ・ゼレンスキー電話会談」の書き起こし公表、内部告発状公表、関係者のテキストメッセージ公表と4つのフェーズを経て、今日も拡大中だ。

 弾劾に慎重だった民主党のナンシー・ペロシ下院議長も重たい腰を上げ、目下、下院委員会で調査が進められている一方、ホワイトハウスは10月8日、調査への協力を拒否する意向を表明。火に油を注ぐ事態となっている。

カテゴリ: 国際 政治 IT・メディア
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top