迷走混迷「ブレグジット」総選挙までの「水面下」ドキュメント(下)

総選挙に向けてジョンソン(右)率いる保守党が優位であるものの、連立を考えれば、コービンが党首を務める労働党に幸運が舞い込むかもしれず、まだまだ予断は許さない (C)AFP=時事

 

 ブレグジットが実現する前から、英国ではその影響がじわじわ広がり始めている。『タイムズ』は、農園で大量のリンゴが木から落ちて地面に転がっている写真を、電子版に掲載した。ブレグジットを前にした英通貨ポンド安と査証の不安から、英国で働いていた多くの外国人労働者らは、欧州大陸に移動を始めていた。このため、英国で果物の収穫に携わる人がいない。リンゴは落ちたまま、腐るのを待つしかないのだった。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人 1963年岡山県生まれ。85年大阪大学卒業。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。パリ支局長、論説委員、GLOBE編集長を経て、現在は朝日新聞ヨーロッパ総局長。著書に『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(いずれも新潮社)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(いずれも草思社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)など多数。新著に『テロリストの誕生 イスラム過激派テロの虚像と実像』(草思社)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top