「コロナ禍」の間隙を突いた「インド与党」の政変劇

執筆者:緒方麻也 2020年3月31日
タグ: インド
エリア: アジア
3月11日、デリーのBJP本部で入党の記者会見に臨むシンディア氏(左から2人目)とBJPのJ.P.ナッダ総裁(中央)(BJPのHPより)

 

 世界的に感染が急拡大している新型コロナウイルスは、インドにも深刻な影響を与えはじめた。現地時間3月30日夜時点での国内感染者はのべ1256人、死者も36人に達した。

 感染拡大で半ばパニックに陥っている欧米やアジア各国に比べると、事態はそれほど深刻には見えないが、13億人を超える人々が相当の人口密度と脆弱な衛生環境下で暮らすインドでは、ひとたび新型コロナが大流行すれば、深刻な影響が出ることは必至。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top