「ポスト李克強」の本命か当て馬か――中国「対米交渉役」交代報道の波紋

IN-DEPTH【ニュースの深層】

執筆者:竹内健二 2021年5月20日
タグ: 中国 習近平
エリア: アジア
劉鶴副首相(右)と胡春華副首相(左)の交代なるか(C)AFP=時事
李克強首相の後継人事の布石か――。中国の対米交渉役が交代するという米紙WSJの報道が波紋を広げている。

 

 米中貿易交渉の中国側責任者が劉鶴副首相から胡春華副首相に交代する可能性がある、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた(5月13日)。

 このニュースは中国本土の報道や外交関係者の間では、意外感をもって受け止められている。「胡氏ではまだ役者不足ではないか」というのが、筆者や周囲の率直な感想だ。

 目下、米中貿易協議は停滞している。ジョー・バイデン新政権が中国に対し、ドナルド・トランプ前政権と同等か、それ以上に強硬な姿勢で臨んでいるのが原因だろう。2020年2月に発効した米中合意「第1弾」は、半年ごとに合意の進捗状況を高官協議で確認する取り決めだが、昨年8月の電話協議以降は開かれていない。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹内健二 共同通信社 中国総局特派員。1977年長野市生まれ。東京大学大学院綜合文化研究科(地域文化研究専攻)修了。2003年共同通信社入社。地方勤務を経て11年に経済部。19年から特派員として北京に赴任し、中国経済を担当。一般社団法人中国研究所『中国研究月報』編集委員。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top