戴くべきは安倍氏か福田達夫氏か:衆院選後に幕が開く自民党「清和会」の亀裂暗闘

2021年10月18日
福田達夫氏は安倍氏と距離を置きたいベテランが担ぐのにぴったりの神輿? ⓒ時事
「チルドレン」のいる最大派閥に戻ることでキングメーカーへの色気を見せる安倍氏に対し、福田赳夫元総理の「直系」福田達夫総務会長を担ごうとする勢力も。派閥結成時まで遡る2つの血筋の対立は、多くの報道で「3A」が操ったとされる岸田人事にも少なからぬ影響を与えていた。

 衆議院が解散した10月14日の直前の週末、自民党は全小選挙区を対象にした詳しい情勢分析を行っている。そのレポートによれば、今回の選挙を経て、自民党は現有276議席から21ほど議席を減らし、255議席となる見込みだという。

 これは「勝った、勝った」と、大はしゃぎする数字ではないものの、「与党で過半数(233議席)獲得」を勝敗ラインとした岸田・新内閣にとって、一応、国民の信任を得たと言える形になるわけだ。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top