「アメリカ合衆国憲法」という迷える米国の大いなる呪縛

執筆者:ブルース・ストークス(Bruce Stokes) 2022年3月14日
タグ: アメリカ
エリア: 北米
アメリカ人の5人に1人が「合衆国憲法は神によって与えられた」と信じているとの調査結果も(米ニューヨークにある競売商サザビーズで展示された合衆国憲法の原本の1部) (C)AFP=時事
現行憲法として世界最古のアメリカ合衆国憲法は、過去半世紀でたった2回しか修正がない。この国の保護主義や貿易交渉のメカニズムを理解するには、他の民主主義国と比べ“不磨の大典”性が突出した憲法の、現代の国際社会とは違ったロジックから成り立つ〈穴〉を知ることが必須となる。

 アメリカ合衆国憲法は、現行憲法として世界で最も長い歴史をもつ。1789年に施行されたので、1814年に成立したノルウェー憲法や、1831年制定のベルギー憲法よりも古い。そしてアメリカ国民は、自分たちの憲法が長く存続していることに大きな自負がある。しかしながら、233年前にできたこの条文は18世紀の世相や懸念事項を反映しているため、21世紀におけるアメリカや世界の目の前の課題には適応していない。その意味でいくつもの欠陥がみられる。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
ブルース・ストークス(Bruce Stokes) ジャーマン・マーシャル財団客員シニア・フェロー/英・王立国際問題研究所アソシエイト・フェロー。「ナショナル・ジャーナル」誌特派員、外交問題評議会上級フェローなどを歴任、1997年にはクリントン政権「Commission on United States-Pacific Trade and Investment Policy」のメンバーとして最終報告「Building American Prosperity in the 21st Century」を執筆している。2012年から2019年にかけてはピュー・リサーチ・センターで国際経済世論調査部ディレクターを務め、多岐にわたる項目について日本人の意識調査を実施した。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top