温家宝の記者会見での哀悼の意

執筆者:野嶋剛 2011年3月15日

今日、北京では全人代、全国人民代表大会の閉会式がありました。温家宝首相は通例の内外記者会見を行って、私はテレビ中継で見ていました。日本の地震に、どのように言及するか、興味があったからです。

会見が始まって、中国の記者だけでなく、韓国やフランス、香港、台湾の記者が次々と質問に立ちます。日本人記者は手を挙げているのですが、なかなか指されません。そのまま最後の質問となり、会見が終わろうとするところで、温家宝首相から「日本の記者はいるかな、一つ言いたいことがある」と自ら言い出しました。

そのあと、「今回の災害で亡くなった日本の国民に対して、深い哀悼の意を表します。被災地への支援も、必要があれば、さらに援助を行う用意がある」と語りました。

なぜ、途中で日本人記者に質問させなかったのでしょうか。昨年の全人代でも、日本人記者は質問が当てられず、話題になっていました。日本の報道では、この最後に切り出した下りはあまり紹介されていないようですが、とても興味深かったです。

私が思うに、日本人記者は地震のことだけではなく、ガス田などあまり触れてほしくない問題を聞いてくることを恐れた可能性があります。地震については、哀悼の意は表したい。でも、日本人には質問させたくない。そこで、途中での挙手は一切知らない顔をして、最後に言いたいことだけ言った、ということではなかったかと私は見ています。(野嶋剛)

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)、『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)など。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』(扶桑社新書)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top