世界の原子力の根幹揺るがす福島原発危機

執筆者:新田賢吾 2011年3月17日
エリア: 日本

 上部の外壁が飛び、鉄骨の骨格だけが残った原子炉建屋。福島県の太平洋岸にある福島第1原子力発電所1号機、3号機の今の姿は衝撃的だ。
 3月11日に東北、関東を襲ったマグニチュード9.0の国内史上最大の地震は、多くの人命を奪っただけでなく、日本のエネルギーの中核である原子力発電所の根幹をも揺るがした。事態は水素爆発による原子炉建屋の破壊、格納容器からの放射性物質の漏洩など深刻な事態が連鎖的に発生、今後の展開はまだ見通せない。現時点ではっきりしているのは、東京電力など電力会社が主張してきた原子炉の安全性とは実にもろいものであり、自然の脅威の前では人間の認識能力、コントロール能力には限界があるということだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top