フランスの「危うい正義」

執筆者:フォーサイト編集部 2011年3月24日

 本日の更新記事は、渡邊啓貴さんの「リビア空爆に踏み切ったフランスの『危うい正義』」です。3月19日からリビアへの空爆が始まりました。現在、軍事参加している国は米英仏、イタリア、カナダの5カ国。しかし、西側諸国は少なくともこの数年は、カダフィ大佐率いるリビアを「与しやすいパートナー」とみなし、友好的に付き合ってきました。「空爆の論理」とはどのようなものなのでしょうか。フランスを例に分析します。

 「専門家の部屋」では、「中国」に「地震でキャンセルされたフライトでの出会い(下)」の新エントリ。中国の自動車メーカーからヘッドハントされた日本人技術者の話の最終回。日本の技術者が中国で働く意味を、どう考えるべきでしょうか。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top