どうすれば「強くて賢明な首相」を選べるか

執筆者:待鳥聡史 2011年8月18日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 小泉純一郎政権が終わった2006年以降、日本政治は短命政権の連続に悩まされてきた。より深刻な問題は、多くの首相が奇妙な形で退陣していることである。ここで奇妙な、というのは、辞任時期の予測がごく直前まで難しかったことを指す。安倍晋三は参議院選挙での惨敗後いったんは続投の意思を示しながら、選挙後初の国会開会直後に突然辞任した。福田康夫は大連立を目指したものの挫折し、内閣改造を行なった1カ月後の夜に辞任を表明した。政権交代後も、鳩山由紀夫は社会民主党の連立離脱後、当日の朝刊にまで「続投に意欲」と書かれながら民主党両院議員総会で辞意を表明した。菅直人に至っては辞意表明後2カ月以上経って、ようやく辞任の決断をしたとされる。
 従来も多くの首相は総選挙結果以外の理由で退陣してきた日本政治だが、進退の見通しがこれほどまでにつかなくなっているのはなぜだろうか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
待鳥聡史 1971年生れ。京都大学大学院法学研究科博士後期課程退学。博士(法学)。大阪大学大学院助教授などを経て、京都大学大学院法学研究科教授。専攻は比較政治論、アメリカ政治論。著書に『財政再建と民主主義――アメリカ連邦議会の予算編成改革分析』(有斐閣)、『〈代表〉と〈統治〉のアメリカ政治』(講談社)、共著に『日本の地方政治――二元代表制政府の政策選択』(名古屋大学出版会)、『比較政治制度論』(有斐閣)などがある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top