米朝ロードマップ、クリントンの弁明

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月9日

 経済危機に揺れる欧州で、今度はイタリアのベルルスコーニ首相が辞任を表明しました。財政不安の深刻化を憂慮する内外の圧力に抗しきれなかった形です。それにしても、数々のスキャンダルにまみれた同氏がなぜこれまで首相の座に居座り続けることができたのでしょうか。「行き先のない旅(76)神父か、はたまたカサノヴァか イタリア首相に見る『お国柄』」をお読みいただくと、何となくその理由がわかります。2年ほど前の記事で、今回の辞任と直接の関係はありませんが。

 本日の更新記事は、平井久志さんの「カダフィ死亡後の米朝ロードマップは可能か」です。リビアのカダフィ氏が悲惨な最期を遂げたことは、金正日総書記にどのような思いを抱かせたのでしょうか。金総書記が危機感を強めたことで、北朝鮮が核を放棄する可能性はさらに低下しました。その中で、朝鮮半島の核危機を緩和させるためには、今後のロードマップ(工程表)が必要となります。当面の焦点は米朝協議の行方。米朝ともに、新たなプレーヤーが登場してきています。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top