深刻化する中国のサイバー攻撃

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月18日

 アメリカはオーストラリアに海兵隊を置き、ミャンマーも中国離れの様相。中国にとっては、都合の悪い事態が立て続けに起こっています。あれだけ南シナ海で傍若無人な振る舞いをすれば、どこの国も警戒を強めます。

 本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー 深刻化する『中国のサイバー攻撃』とその先にある『新しい戦争』」です。サイバー攻撃による被害総額規模は、国家安全保障上の損失を除き、全世界で最大1兆ドル。欧州の治安担当者によれば「中国は攻撃の数が多い。ロシアは数こそ少ないが質が高い」。将来、米中戦争が起こるとすれば、サイバー攻撃が大半を占める「ハイブリッド戦争」になる可能性があります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top