近づく衆院解散、金正恩の「核心側近7人」

執筆者:フォーサイト編集部 2012年1月6日

 本日の更新記事は、「深層レポート 日本の政治(226)勢いを増す『衆院解散』への流れ」です。消費税増税に対しては民主党内でも相当の反対がありますが、野田首相の決意は強固。最近の永田町の動きをみると、今年中の衆院解散の可能性は非常に高そうです。

 また、本日中に平井久志さんの「『首領制』終焉への道(上)金正恩体制を固める『核心側近』7人」をアップロードする予定です。どこよりも深く詳しい北朝鮮情勢レポートと自負しております。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

 「アイオワ州党員集会:ロムニーを軸に展開されることになった大統領候補指名獲得争い」(アメリカ、足立正彦さん):10日に予備選が行なわれるニューハンプシャーでの世論調査では、ロムニーが圧倒的リード。今後の共和党大統領候補争いは、ロムニーが軸となります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top