生産拠点としてのバングラデシュ

執筆者:フォーサイト編集部 2012年4月5日

 本日の更新記事は、森山伸五さんの「グローバル・ビジネスの新地政学(11)バングラデシュが歩み始めた途上国成長の道」です。人件費の急騰などで生産拠点を中国から移す動きが活発化していますが、「ポスト中国」として期待が高まっているのがバングラデシュ。人口は1億5000万人で、25歳以下がその54%を占めるという若年労働力の厚み。欧州、中東、アフリカへの輸出を考えた場合の地理的な魅力もあります。  

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top