国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

打つ手なしの北朝鮮問題と米国一極支配の行方

 衛星とは名ばかり。口さがない欧米のメディアからは「アルミホイル包みの皿洗い機」などとからかわれた。「衛星打ち上げ」と称した北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験のことだ。外国人記者団を招き入れ、管制センターまで公開し、鳴り物入りだった。
 建国の父、金日成主席の生誕百年と同時に、その孫、金正恩氏の権力継承を祝うはずの打ち上げだった。それが見事なまでの失敗だ。失笑してしまう。13日の金曜だったのをお忘れか。共産主義の無神論国家だからやむを得まい。でも、金日成主席の誕生日がタイタニック号沈没の日だったのは、間が悪かった。そんな日に派手な花火は禁物だ――。
 などと、冗談めかしている場合ではない。これまでの経緯を振り返れば、長距離ミサイル実験失敗の後は核実験だ。2006年も、2009年もそうだった。それを抑える手はあるのか。「もはや打つ手はほとんどない」。ミサイル発射前から米「ニューヨーク・タイムズ」紙はそう分析していた。 【Few U.S. Options as North Korea Readies Missile Launching, The New York Times, April 11】

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)など、近著に『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)がある。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top