「一人っ子政策」違反というスキャンダル

執筆者:フォーサイト編集部 2012年11月7日

 米大統領選の開票作業が進んでいます。大接戦の結果は日本時間11月6日午後には判明しそうです。

 本日の更新記事は2本。

 「胡錦濤の大番頭・令計画を失脚させた『2つの大スキャンダル』」(藤田洋毅さん):政治局員への昇格が噂されていたにもかかわらず、栄達というには程遠いポストに留まった胡錦濤の大番頭・令計画。息子がフェラーリで飲酒事故を起こして死亡したことが原因とされていましたが、実は「一人っ子政策」に違反していたことが発覚、それに追い打ちをかけました。

 「『質的な変化』を遂げつつある米韓同盟(下)」(平井久志さん):昨日更新の記事の後篇。戦時の作戦統制権を米国から韓国に移管することについて、3人の大統領候補の見解は分かれます。一方、北朝鮮は「主役」が米国から韓国に代わることに強く反発。米韓は「対等な同盟関係」に、より近づいていくのでしょうか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top