解放軍上将の著書をめぐる想像

執筆者:野嶋剛 2013年2月7日
エリア: アジア

劉亜洲という人民解放軍上将の「劉亜洲国家思考録」という本が最近、香港で出版されて話題になった。

どうもこの本、実際には劉自身が出版を許可したわけではなく、過去に劉亜洲が発表したさまざまな言論を勝手に集めて本にしてしまった香港にありがちな「ゲリラ出版」の類いのようだ。それでも、劉亜洲という人物の言動は常に注視されてきたうえ、習近平に近いとされていることから、全人代前のこの敏感な時期の出版の背後に思惑があるのかとつい想像をたくましくしてしまう。

劉亜洲の血筋は抜群にいい。父は劉建徳という解放軍の古参幹部、しかも妻の李小林は李先念・元国家主席の娘だ。空軍畑が長く、現在は国防大学の事実上のトップにあたる政治委員の一人で、昨年には上将に出世している。太子党の有力者であるが、単なる二世軍人というわけではない。解放軍のなかで際だって筆の立つ男として知られている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、「台湾とは何か」(ちくま新書)。訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。最新刊は「タイワニーズ 故郷喪失者の物語」(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top