「大物政治家」登用の前例を破るオバマ大統領の駐日大使人事

執筆者:足立正彦 2013年4月8日
エリア: 北米

 ワシントンポスト紙をはじめとする米主要メディアは4月1日、オバマ政権がジョン・ルース駐日米国大使の後任に、故ジョン・F.ケネディ大統領の長女のキャロライン・ケネディ氏を指名する方針で固まりつつあると一斉に報じた。ジェイ・カーニー大統領報道官もケネディ氏の関係者も同報道についてはコメントを控えている。だが、ケネディ氏自身は今月3日に滞在先のミズーリ州で駐日大使指名が実現するかわからないが、非常に名誉であると発言した。早ければ今後数週間以内にも正式に指名が行なわれる可能性がある。実際にケネディ氏が次期駐日大使に指名、承認されて着任した場合、画期的な大使人事となることは必至である。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 米州住友商事ワシントン事務所 シニアアナリスト。1965年生まれ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より、住友商事グローバルリサーチにて、シニアアナリストとして米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当し、17年10月から現職。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top