続々とインド事業拡大する日系二輪メーカーの「思惑」と「成否」

執筆者:緒方麻也 2013年4月15日
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス

  西部グジャラート州への進出を決めたスズキの子会社マルチ・スズキや、生産が軌道に乗った日産自動車、そしていよいよ本気を出し始めた「世界のトヨタ」など、インドの自動車市場と言えば日系メーカーが支えてきた感がある。しかし、二輪車市場においても日系4社は近年相次いで生産能力や販売体制を拡充・強化し、急速にその存在感を高めている。

 これまでは125-150ccクラスの実用車が主戦場だったが、日系メーカーは6-7万円で買える格安バイクや女性にも乗りやすいおしゃれなスクーター、そして主に先進国市場向けとされてきた250ccを超える中・大型スポーツバイクなどにも積極的に進出し、新たな市場開拓を図っている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top