節目の年に「日本」を考える

執筆者: 2005年1月号
エリア: アジア

 二〇〇五年は節目の年だ。戦後六十年である。もう六十年かと光陰の速さに驚くか、まだ六十年かとあまりにも多くの事象に圧倒されるか、さまざまだろうが、あの敗戦から暦が一回りしたのである。人間の歳でいえば還暦だというのに、われわれはまだ「戦後」を引きずっている。きちんと戦後の総括を済ませてこなかったばかりに、いまもまだ「戦後」に追い立てられているのだ。 戦後六十年は国際連合六十年と重なる。その年に日本は国連安全保障理事会の常任理事国になりたいと世界に向かって意思表示した。国連事務総長の諮問機関が示した案により、どうやらいまの常任理事国五カ国が持つ「拒否権」のない、セカンドクラスの常任理事国が日本の目指すゴールになりそうだ。ゴルフに例えれば名門ゴルフ場の正会員ではなく、平日会員といったところだろうか。

カテゴリ: 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top