ブッシュを悩ませるカール・ローブの「露見」

執筆者:ウェイン・スレーター 2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

上手の手から水が漏れたのか。痕跡を残さず政敵をつぶしてきた「大統領の右腕」が、大きな疑惑にさらされている。[テキサス州オースティン発]「ローブの刻印」――マイナス情報を流して政敵に打撃を与えるカール・ローブ(五四)のやり口は、一九九〇年代のテキサス政界でこう呼ばれていた。その特徴は、「攻撃する、ただし指紋を残さずに」というものだ。 このため、ブッシュ大統領の最側近であるローブ次席補佐官がCIA(米中央情報局)秘密工作員の身元を漏洩したとの疑惑が浮上した時も、彼を知る者はまたいつものパターンだと考えた。コラムニストに女性工作員バレリー・プレイムの実名を暴露させたのは、彼女の夫で、ブッシュ政権のイラク戦争を批判していたジョゼフ・ウィルソン元駐ガボン大使の信頼性に疑問を投げかけることが目的だった。いかにもローブが考えそうなことだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top