金融庁と財務省の「罪と罰」、連載、専門家の部屋2本

執筆者:フォーサイト編集部 2013年12月24日
カテゴリ: 金融

先週末に藤沢数希さんの好評連載「結婚と離婚の経済学」第17回「ケース・スタディ5  矢口真里vs.中村昌也」をアップロードしました。結婚というのは、肉体関係の排他的独占契約が内包されている金融商品だとも言えます。

本日の更新記事は、磯山友幸さんの「『金融将来ビジョン』描かない金融庁・財務省『無責任体質』の罪と罰」です。金融庁と財務省が設置していた有識者会合が、金融分野の成長戦略に関する提言をまとめました。メンバーは錚々たる顔ぶれですが、提言の中身はカラッポ。単なるアリバイ工作にしかすぎません。その理由とは?

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top