【木】STAP騒動「米国の反省と対処」に学ぶこと

執筆者:フォーサイト編集部 2014年4月3日

本日の更新記事は、大西睦子さんの「米国史上最悪の『科学研究不正』の反省と対処に学ぶこと」です。「STAP騒動」は、結局、小保方氏の個人的”捏造”で片付けられようとしています。ハーバード大の大西医師が、研究不正にどう対処してきたか、米国の取り組みを紹介しています。無料公開中です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top