小沢一郎神話の最終章

執筆者: 2006年5月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 どうして政治家はいつもいつも馬鹿なことを言うのだろう。民主党の代表選で「正々堂々と選挙で戦うべきだ」と言った同じ人が「あとにしこりを残さないようにしなければならない」などと話し合いのほうがいいようなことを言う。町内会の会長を選ぼうとしているのではない。政治は権力闘争だということを忘れてしまっているから、こんな寝ぼけたことをほざいているのだ。 ともあれ、小沢一郎が代表に選ばれた。小沢氏と敬称をつけると違う人物のようになってしまう。いまやその存在感は極めて矮小化されたとはいえ、戦後政治史を語るとき、とりわけ田中角栄、竹下登以降の政治を小沢一郎抜きに語ることはできない。蠅子は十年前ぐらいまでははっきりとした「小沢嫌い」だった。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top