テポドン発射に色めき立ったユドヨノ大統領の脱「子供の使い」作戦

執筆者: 2006年8月号
カテゴリ: 国際

 インドネシアのユドヨノ大統領にとって七月五日の北朝鮮の弾道ミサイル発射は「寝耳に水」だったが、一方で、ある意味「歓迎すべき突発事案」だったともいわれている。 というのも、ユドヨノ大統領は七月十八日から平壌訪問を予定しているが、大した目的もないため、内外の理解と支持を得られていないのが実情だったからだ。 故スカルノ大統領と金日成の関係に基づくインドネシアと北朝鮮の“友好”関係だが、実際には戦略的にも経済的にもつながりは薄い。にもかかわらず、メガワティ前大統領同様、ユドヨノ大統領も北朝鮮外交には積極的な姿勢を見せている。その背景には、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でインドネシアの地位が低下する一方、アジアにおける日米中韓による影響力争いが激化する中で、「行き詰まった六カ国協議の打開策を探る橋渡し役」となって存在感を示したいという思惑がある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top