日本とベトナムが手を組む「準・人身売買」

執筆者:出井康博 2007年12月号
エリア: アジア

 午前八時、出発客で混雑が始まった中部国際空港。人ごみを避けるように、十人ほどのアジア系の若者が航空会社カウンター脇に集められている。帰国の途に就こうとしているベトナム人研修生たちである。 彼らは三年前に外国人研修・技能実習制度(以下、研修制度)で来日し、愛知県内にあるトヨタ自動車系の下請け業者で働いていた。研修生として入国する外国人の数は年に約十万人。これまでみてきたように、その実態は政府が表向きは受け入れを認めていない「単純労働者」で、最長三年間は日本に滞在できる。賃金は他の外国人労働者よりも格段に安く、人手不足と納入先からのコスト削減要求に悩む中小企業にとっては今や欠かせない存在だ。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top