影響力増す中国と目覚める「幻の大国」

執筆者:加瀬友一 2010年4月号
カテゴリ: 国際

 中国、インド、ブラジル、ロシアの新興経済大国「BRICs」に次ぐ世界経済の担い手として、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の存在感が高まるのは間違いない。だが政治的には、同地域の一体感は薄れていくだろう。 ASEANに遅れて加盟したカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの四カ国を「後発国」と一括りにはできない。ベトナムが頭一つ抜け出し、タイ、インドネシア、マレーシアなどの「先発国」と存在感で肩を並べるのは確実だ。 この結果、域内の外交力学は劇的に変わる。ベトナム国内で民主化圧力が高まる気配はなく、同国共産党の統治力は衰えそうもない。同じ政治体制の中国の舞台裏での影響力は、必然的に高まる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top