「社会保障費」を考える

執筆者:フォーサイト編集部 2010年9月3日

 本日の更新記事は学習院大学経済学部・鈴木亘教授の「社会保障費に『乗っ取られる』来年度予算」です。

 ウェブ版フォーサイトでは、昨日まで海外情勢に関する記事を集中的にアップしてきましたが、もちろん、わが国の国内問題にも重大な関心を持っています。

 すでに今年度の予算から社会保障費は聖域扱いされています。来年度予算はさらにその傾向が強まりそうですが、では、その「一般会計における社会保障費」とは一体何なのか。聖域扱いする必要があるのだろうか。

 現状の問題点を説き、処方箋を提示する鈴木さんの論理は、いつも通り明解です。社会保障は国民すべてにかかわる問題です。じっくりとお読みください。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top