国家公務員の再就職が前年比6割減?

執筆者:原英史 2010年9月4日
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

今朝の新聞各紙で、「国家公務員の再就職の届出数(今年4~6月)が、自公政権下の前年同時期に比べて6割減(昨年562件に比べて225件)」という総務省発の発表が報道されています。

「政権交代の成果で天下りが減った!」とPRしたいようですが、本当かなという気がします。

というのは、「4~6月」の3か月分のデータに過ぎないからです。

例年、国家公務員の幹部人事は、4~7月ぐらいに行われ、これに伴って退職→天下りも発生します。

したがって、例年、年間通した再就職数の中で、4~6月の四半期の数値は多くなります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
原英史 1966(昭和41)年生まれ。東京大学卒・シカゴ大学大学院修了。経済産業省などを経て2009年「株式会社政策工房」設立。政府の規制改革推進会議委員、国家戦略特区ワーキンググループ座長代理、大阪府・市特別顧問などを務める。著書に『岩盤規制―誰が成長を阻むのか―』、『官僚のレトリック』など。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top