イスラム過激派が企てたクリントン暗殺計画

執筆者: 2000年4月号
エリア: 北米 アジア

 クリントン米大統領が三月に南アジアを歴訪した際、イスラム過激派が暗殺を企てていたことが明らかになった。ワシントンの米情報機関筋などによると、クリントン大統領は最初の訪問国バングラデシュに三月二十日に到着。当初はその日の夕、首都ダッカ郊外の農村を視察する予定だったが、「大統領の乗るヘリコプターをバングラのイスラム過激派組織がスティンガー・ミサイルで撃墜する秘密計画の詳細がシークレットサービスに入ったため、視察開始直前に予定変更になった」という。 この過激派組織はハルカト・ジハドと呼ばれ、欧米派のバングラの知識人暗殺計画を練っていることが最近発覚、注目されるようになった。バングラの情報機関は、ハルカト・ジハドがサウジアラビアの富豪で反米テロの黒幕とされるオサマ・ビン・ラディンから資金援助を受けている証拠をつかんでおり、ヘリ撃墜計画もラディンが裏で糸を引いていた可能性が強いとみている。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top