“復権”を仕掛ける大蔵省

執筆者:生田忠秀 2000年7月号
エリア: 日本

予算を司る新設「経済財政諮問会議」の骨抜きに、いかに動いたか「財政首脳会議」なる組織が七月十七日にスタートする。「官邸」主導で来年度予算編成を行なうためという触れ込みで、政府側から首相、官房長官、蔵相、経済企画庁長官、与党側から自民、公朋、保守各党の幹事長と政策責任者が構成メンバーとなる。 同会議の発足は、森喜朗首相が就任直後の所信表明演説で、「二〇〇一年度予算案の編成では経済財政諮問会議の考え方を先取りし、私が予算編成を主導したい」と述べたのが発端となった。 経済財政諮問会議は、来年一月にスタートする中央省庁再編で、内閣府の中に設置されることになっている。その最大の狙いは、これまで大蔵省が実質的に取り仕切ってきた予算編成権の根幹部分を内閣に移行させることにある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top