早稲田大学雄弁会

執筆者:斎藤貴男 2000年8月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

第一次森政権は四人のOBを擁する“雄弁会内閣”だった。過去にも数多くの政治家を生み出してきた名門サークル。そこは現実政治の縮図だった。 早稲田大学政治経済学部二年の島和英君は、福岡県の名門進学高校の出身である。成績優秀。生徒会長としてリーダーシップを発揮した経験もあり、将来は九州大学か京都大学を卒業して高級官僚を目指すつもりでいた。「ハッキリ言って世の中を舐めとった。エリート気取りで、他人を見下した態度を取っていたんだろうと思うんです。ところが、大学入試に滑ってしまった。偉そうにしていた分だけ、アイデンティティ・クライシス。次第に予備校にも行かなくなって、建設現場で働き始めたんですが……」

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top