国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

大統領選が明らかにしたアメリカという国

執筆者:田中明彦 2000年12月号

 アメリカ大統領選挙の結果が、どんなものになるかにかかわらず、この一カ月の間で世界の人々はアメリカ合衆国という国がいかなる国であるのかについて、かなり理解を深めることになった。 世界で最も影響力のある国がどんな仕組みで動いているのか。どんな仕組みで動かなくなっているのか。驚き、あきれつつも、見守らざるをえない。アメリカの政治体制の仕組みとその限界を示した最近の事例でいえば、クリントン大統領のモニカ・ルインスキー問題もそうであったし、さらに遡れば、ニクソン大統領辞任に至ったウォーターゲート事件もそうであった。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top