Q.20 2002年ワールドカップでフーリガン暴動は起こるか

執筆者:出井康博 2000年12月号
カテゴリ: 国際

YES 60% 二〇〇二年五月三十一日から三十一日間、日本と韓国が共催するサッカーのワールドカップ(W杯)。オリンピックとは比べ物にならない熱狂的な応援で知られる大会だが、そこで毎回注目を集めるのがフーリガンの問題だ。 中でもサッカーの本家・イングランドのフーリガンは警戒を要する。思い出すのは八五年、ベルギーのブリュッセルで開催された欧州チャンピオンズカツプ(現・チャンピオンズリーグ)決勝での大惨事。リバプール(イングランド)とユベントス(イタリア)が欧州クラブナンバーワンを争った試合で、リバプールのサポーターが起こした暴動によって死者三十九人が出た。今年六月、オランダとベルギーが共催した欧州選手権でも、約千三百人の逮捕者のうち六割近くをイングランド・サポーターが占めた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top