国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

「悪の枢軸」演説にどう向きあうか

執筆者:田中明彦 2002年2月号

 小泉首相の「三方一両損」の外相・外務事務次官更迭劇の大騒ぎのためか、あまり注目されなかったが、同じ時期に行われたブッシュ大統領の「一般教書演説」の方が世界的にみれば、はるかに重要である。 東京でアフガニスタン復興支援会議が開催され、日本では、テロに対する戦いはもはや終わったかのような雰囲気があるが、アメリカ合衆国大統領は、「我が国は戦時にある」とアメリカ国民に語っていることを忘れてはいけない。「いまだに何万もの訓練を受けたテロリストが野放しになっている」からであり、「少なくとも十数カ国にテロ訓練所が存在する」。確かに、未然に防止されたとはいえ、十二月にはアル・カエダと関係する人物によって航空機の爆破が試みられた。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top