インドネシアで始まった「パレスチナ戦士」募集

執筆者: 2002年5月号
カテゴリ: 国際

 イスラエル軍によるパレスチナ自治区への軍事侵攻が激化していることを受けて、世界最大のイスラム人口を抱えるインドネシアでは、現地に赴きイスラエル軍と戦う「戦士」の募集が始まった。 首都ジャカルタにあるイスラム急進派勢力「イスラム擁護戦線本部」では、これまでに四百人以上が登録を済ませており、この中から「戦死を覚悟した戦士」を選抜して現地に派遣する予定という。 ただ、この手の運動は、米軍のアフガニスタンでの軍事行動開始後も「アフガンのイスラム教徒と連帯を」と戦士を募集したものの、実際に派遣にはいたらなかったように、あくまで募集してイスラム教徒としての連帯感を示す「示威行動」に留まるのが常で、インドネシア政府や治安当局も特に警戒を強めてはいない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top