UFJ銀行が「絶対格差」にのみ込まれる日

執筆者:杜耕次 2004年2月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

金融支援で延命した企業、延命させた銀行。いずれもライバルとの格差は広がるばかりで、その差は絶対的になりつつある。「懸案事項は今回一気に処理した。環境の変化をすべて見通すことはできないが、これ以上追加的な損失が発生することはない」 多くの企業にとって「仕事納め」だった十二月二十六日、ミサワホームホールディングスの水谷和生社長は緊急会見を開き、二〇〇四年三月期の連結純損益が千二百七十億円の赤字となる見通しと発表した。同社はわずか一カ月前に三十億円の純利益を確保すると明らかにしたばかり。小出しの損失処理で下方修正を繰り返してきた前歴を問い質され、苦しげに答えたのが冒頭の発言である。

カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top