モディ首相「仏独加3カ国歴訪」の手応え

 まもなく首相就任1年を迎えるナレンドラ・モディ首相の「経済協力を軸に据えた全方位外交」が、一段と本格化してきた。首相は4月上~中旬にかけてフランス、ドイツ、カナダを歴訪。インドにとって最優先の外交テーマである「軍事」「エネルギー」「投資誘致」でそれぞれ大きな手応えをつかんだ。

 

こじれた戦闘機交渉が決着

 最初の訪問国フランスでは、インド空軍の審査を勝ち抜いたにもかかわらず2年以上にわたって正式調印が先送りされてきた仏ダッソー社製中型多目的戦闘機ラファールの調達交渉をひとまず決着させた。当初はラファール126機、総額200億ドルとも言われた巨額調達計画だったが、ダッソー側が技術移転によるインド国内でのライセンス生産に乗り気でなかったことから、交渉がこじれていたと言われていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
緒方麻也 ジャーナリスト。4年間のインド駐在を含め、20年にわたってインド・パキスタンや南アジアの政治・経済の最前線を取材、分析している。「新興国において、経済成長こそがより多くの人を幸福にできる」というのが信条。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top