「脱毛エステ最大手」に浮上した「経営危機説」「健康被害隠蔽」

執筆者:内木場重人 2015年6月19日
エリア: 日本

 盛夏目前のこの時期、テレビや雑誌、電車などでは脱毛関連のCMがやたら目につく。中で最も目立つのが脱毛専門サロン『ミュゼプラチナム』(以下「ミュゼ」)だろう。今年3月まではタレントのトリンドル玲奈が現在はラブリというモデルに変わったが、「美容脱毛完了コース100円」「30~50%OFF」などの激安で急成長した。

 が、肝心の予約がまったく取れず、しかも医師がいないサロンが「脱毛完了=永久脱毛」を行うのは「医師法違反」であり、実際に摘発されたケースも多く、「やけど」などの深刻な健康被害も後を絶たない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
内木場重人 フォーサイト編集長
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top