【火】チャイナ・ショック、インド経済改革

執筆者:フォーサイト編集部 2015年9月8日

本日の更新記事は、磯山友幸さんの「データで読む『チャイナ・ショック』と東京市場:GPIFの動きは?」です。チャイナ・ショックが続く株式市場ですが、この程度の下落で済んでいるのは実は個人投資家の買いが支え。今後はさらにGPIFが支えられるのか、あるいは海外投資家を呼び込めるかがカギとなりそう。

 

また、「専門家の部屋」では「インド」に「インド政府『土地収用法改正案』の早期成立を断念」(緒方麻也さん)の新エントリ。カースト制にまつわる数十万人規模の抗議デモが起きたインド。政府は「農民に優しい」と言われる土地収用法の改正を目論んでいましたが、結局は頓挫。経済改革は果たしてどうなるのでしょう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top