国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (75)

その後の「ヤタカラス」と「山城」「丹波」

執筆者:関裕二 2016年6月9日
タグ: 中国 日本
エリア: アジア

 2016年6月初旬、キリンカップサッカーが5年ぶりに開催された。日本サッカー協会(JFA)が開催する国際Aマッチだ。
 サッカー人気はJリーグ勃興期と比べれば下降気味だが、それでも熱心なファンが贔屓のJリーグチームの試合に駆けつけ、応援合戦をくり広げている。サッカーを国民的スポーツに引き上げた日本サッカー協会の手腕は、高く評価されてよいと思う。
 その日本サッカー協会のシンボルマークが3本足のヤタカラス(頭八咫烏)ということは、つとに名高い。紀伊半島(熊野)の山中で道に迷った神武天皇を導いた功労者である。
 ではなぜ、ヤマト建国の時代の霊鳥を選んだのだろう。Jリーグが発足した時、知人の全共闘世代の編集者は「これは国威高揚のための仕掛けにちがいない」と憤慨していたが、大きな勘違いだ。すでに昭和6年(1931)に、漢学者・内野台嶺(たいれい)の発案で、ヤタカラスに決まっていた。日本サッカー育ての親・中村覚之助の故郷が和歌山県那智勝浦町で、渚宮神社(熊野三所大神社=くまのさんしょおおみわしゃ=)の氏子だった。人望厚かった中村覚之助だったが、早逝してしまい、そこで大学の後輩の内野台嶺は、熊野のヤタカラスを協会のシンボルに用いたというのが、本当のところらしい。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top